catch-img

【導入前に!失敗事例も紹介】新卒採用コンサルティング導入のメリットとポイント【有力コンサル企業6選】

本格的に少子化時代に突入し、構造的に売り手市場が定着し、新卒採用は非常に難しい時代となりました。
いままでの就職ナビだけでなく、マッチングイベントやダイレクトリクルーティングなど新しい採用手法、スマホの普及による学生とのコミュニケーション方法の変化など、新卒採用は今変革期にあります。
そうした中、自社の新卒採用の見直しを求められる経営層や新卒採用担当者は、何から見直していけば良いのか、どう分析、改善していけば良いのかわからないという場合も増えてきました。
そこで、今注目されているのが「新卒採用コンサルティング会社」の存在です。

ここでは新卒採用コンサルティング会社を使うメリットとポイントをご紹介したいと思います。

目次[非表示]

  1. 1.新卒採用コンサルティングとは?
    1. 1.1.採用戦略の企画立案
    2. 1.2.採用業務の代行
  2. 2.新卒採用コンサルティング会社を使うメリット
    1. 2.1.最新の採用トレンドの提供
    2. 2.2.現状の採用の問題点の抽出
    3. 2.3.自社の採用ノウハウを一緒に作ってくれる
    4. 2.4.採用担当者の育成
  3. 3.採用コンサルティングの費用
  4. 4.採用コンサルティング会社を選ぶポイント
    1. 4.1.得意分野は?
    2. 4.2.コンサルティング領域は?
    3. 4.3.新卒採用の実績は?
  5. 5.実際にあった導入失敗事例
    1. 5.1.運輸会社A社の失敗事例
    2. 5.2.機械メーカーB社の失敗事例
    3. 5.3.外食企業C社の失敗事例
  6. 6.厳選の採用コンサルティング会社5選
    1. 6.1.株式会社採用総研
    2. 6.2.株式会社ネオキャリア
    3. 6.3.株式会社クイック
    4. 6.4.株式会社カケハシスカイソリューションズ
    5. 6.5.株式会社キャリアマート
    6. 6.6.StockSun株式会社
  7. 7.まとめ

新卒採用コンサルティングとは?

新卒採用コンサルティング会社とは、専門のコンサルタントが新卒の採用において発生するさまざまな課題や要因を分析、その課題解決のための対策を提案、実行をしてくれるサービスです。
少子化や採用手法の変化に伴い、企業にとって新卒採用が非常に重要なタスクとなり、かつ難易度が飛躍的に高くなったことにより、利用する企業が増え、注目されるサービスとなりました。

新卒採用分野におけるコンサルティングサービスには次のアプローチがあります。


採用戦略の企画立案

特定の課題に焦点を当て、それらを解決するための具体的な戦略を提供するものです。たとえば、応募者母集団の獲得で苦戦している場合や、アミューズメント業界や外食産業など採用難業界、理系採用が必須の製造業、特定の職種で競争が激しいITが業界など、あるいは企業の認知度が低い場合など様々な課題に対して、コンサルタントは企業に対して、それぞれの課題に対処するための戦略を提案し、実行の支援を行います。

・採用コンセプトの設計、目標設定
・求める人物像、ペルソナ設計
・選考フロー、スケジュールの構築
・説明会、インターンシップなどのコンテンツ設計
・自社の魅力分析、競合他社比較
・採用ブランディング
・評価基準策定



採用業務の代行

採用業務全体を包括的にサポートし、クライアント企業が新卒社員を効率的に採用できるよう支援するものです。
最近では採用アウトソーシングや、RPO「Recruitment Process Outsourcing」(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)と呼ばれ、導入する企業が増えています。
これにより、企業は労力と時間を説明会や面接など採用コア業務に集中でき、新卒採用プロセスを最適化できます。
コンサルティング会社は、就職ナビや就職イベントの最適化、選考プロセスの改善、面接のトレーニング、内定の獲得戦略の策定など、さまざまな面で企業をサポートします。
単なる事務代行と違うのは、採用担当者と協力して戦略を立案し、採用活動を進めるサポートを積極的に提供する点です。
また、母集団形成のためのメディアプランの提案や、面接官トレーニングやリクルータートレーニング、入社後の新入社員研修まで行う場合もあります。

・採用業務アウトソーシング
・採用メディアプランの提案
・面接官トレーニング、リクルータートレーニング
・内定者フォロー設計
・新入社員研修



新卒採用コンサルティングサービスは、新卒市場の競争が激化する中で、企業に戦略的なアドバイスや実務的な支援を提供し、成功への道を開きます。

  採用代行(RPO)料金と注目の採用アウトソーシング会社厳選5社紹介/サービスと特徴 中途・新卒に問わず、企業の採用意欲は高く、採用業務がとても難しく手間がかかってきています。そこで、RPO(採用代行)・採用業務アウトソーシングが今、注目されています。ここではRPO導入を検討する際の費用感とポイントについて紹介します。 株式会社採用総研




新卒採用コンサルティング会社を使うメリット

そもそもなぜ採用コンサルティング会社を使うのか、そのメリットについて、具体的にご紹介します。自社の採用活動の見直しや、新卒採用を始めたい企業には、通常の人材企業と違い、採用コンサルティング会社を使う大きなメリットがあります。


最新の採用トレンドの提供

採用コンサルティングを使う一番のメリットと言えます。
マイナビやリクルートなど従来の人材会社は自社のメディアを持ち、自社メディアを使っての採用課題の解決を提案してくれます。
もちろん、それは大事な事なのですが、巨大になりすぎたマイナビやリクナビが、全ての企業の採用活動において最適解とは言えなくなってきました。
また、マイナビやリクナビは会員登録で利用者を囲い込むというその性格上、LINEやInstagramなどのSNSやGoogleなどのコミュニケーションツールとの相性が悪く、またダイレクトリクルーティングやマッチングイベントなど、新しい採用手法に適しているとは言い難い状況です。
そうした中、最新の採用トレンドを提供できるのが、採用コンサルタントの魅力です。
最新の採用手法、LINEやWEB面接ツールなど最新のコミュニケーションツールにも詳しく、今の学生とスムーズなコミュニケーションの手法を提案してくれます。


現状の採用の問題点の抽出

そもそも自社の採用の何が問題なのかわかっているでしょうか?

・母集団は本当に足りていますか?
・足りている、足りていないと考える根拠は?
・採用ターゲットと効率的な接触はできていますか?
・自社の採用ターゲットは明確ですか?
・「コミュニケーション能力が高い」など抽象的な人物像になってしまっていませんか?
・内定辞退されてしまう原因は何でしょうか?
・内定辞退防止のためにできることは何でしょうか?
・インターンは学生の志望度を高める内容になっていますか?
・今の学生が求めるインターンとは何でしょうか?

などなど、自社だけで考えていても正解の出ない問題や課題を、豊富な他社事例などで抽出して、解決策を提案してくれます。


自社の採用ノウハウを一緒に作ってくれる

新卒採用はうまく採用できるようになれば毎年定期的に人材を補充できるようになります。
そのためには採用のノウハウを常に蓄積していくことが大事です。
採用コンサルティング会社は、採用企業のパートナー、伴走者として採用業務のアウトソーシングをはじめ、インターンシップや説明会など学生向けコンテンツの作成や選考フローの構築、求める人物像の設計など、自社の採用を一緒に作っていってくれ、その進捗を逐次報告してくれます。
そうして採用ノウハウが蓄積され、どんどん優秀な学生が採用できるようになっていきます。
新卒採用に詳しい採用担当者がもう一人増えた感覚で自社の採用をバックアップし、単年で終わらない自社の採用力を高めてくれる存在です。


採用担当者の育成

採用担当者の育成まで包括的に支援してくれます。面接官トレーニングでは、クライアント企業の面接官が必要なスキルや資質を磨き、面接独自のコミュニケーションスキルや質問テクニックを習得するためのトレーニングが提供されます。
新卒採用では、人事だけでなく部門の若手などをリクルーターとして動員する事も多いのでリクルータートレーニングも行います。


採用コンサルティングの費用

採用規模やコンサルティング会社などによって様々です。
目安としての料金例をご紹介します。

・採用コンセプトの設計、目標設定 30万円~
・求める人物像、ペルソナ設計 30万円~
・選考フロー、スケジュールの構築 30万円~
・説明会、インターンシップなどのコンテンツ設計 100万円~
・自社の魅力分析、競合他社比較 30万円~
・採用ブランディング 50万円~
・評価基準策定 50万円~
・採用業務アウトソーシング 200万円~
・採用メディアプランの提案 メディによる
・面接官トレーニング、リクルータートレーニング 1回20万円~
・内定者フォロー設計 20万円~
・新入社員研修 1日想定25万円~



採用コンサルティング会社を選ぶポイント

採用コンサルティング会社は数多くあり玉石混合です。また企業との相性もあり大手だから、老舗だから安心という事もありませんし、逆に設立間もないベンチャーだから最新の提案をしてくれるという訳ではありません。
自社に合うコンサルティング会社をしっかり見極める必要があります。


得意分野は?

「採用コンサルティング」と言っても、新卒採用と中途採用、アルバイト・パート採用とそれぞれメディアも違えばノウハウも全く違います。
理想はすべてに精通したコンサルタントですが、そんなコンサルタントはいません。必ず得意分野があります。
特に新卒採用は、1年単位で動き最新トレンドに敏感な学生相手の特殊な採用です。
かって、紙媒体からネット媒体への変化や今回のコロナ禍によるWEB面接の普及も、新卒採用が真っ先に変化しました。
新卒採用は新卒採用に強い専門のコンサルタント会社を選ぶ必要があります。


コンサルティング領域は?

説明会やインターンのコンテンツ制作、採用業務アウトソーシング、選考フローの構築、内定者フォローなど、どこまで手伝ってくれるのかしっかり確認しておく必要があります。
コンサルティング会社とは長いつきあいで、ともに採用ノウハウを構築していかないといけないのですが、単年度で契約先を変更する事になるのは、ここがしっかりと共有できていなかったことが多いです。
コンサルティング会社が期待通りに提案してくれなかったり、逆にコンサルティング会社の提案を顧客が実行してくれなかったりの行き違いが発生します。
事前にしっかりとできる事、できない事を詰めておく必要があります。


新卒採用の実績は?

新卒採用コンサルティングの実績があるのかはしっかりと確認してください。
設立の若いベンチャー企業にありがちですが、ノリと勢いだけで地に足がついたコンサルティングができていない場合も多いです。
提案は斬新でカッコ良いのですが、そもそもそれが採用につながるかは別問題です。
コンサル会社は広告制作会社ではないので、コンセプトや提案デザインが良いから良いコンサル会社とは限りません。
実際の実績からしっかりと判断してください。


実際にあった導入失敗事例

注目されており、導入も増えている採用コンサルティングですが、導入してもうまく行かない事もあります。
実際にあった導入失敗の事例をご紹介します。
このような失敗がないよう、事前にしっかりと検討とコンサルティング会社との目的の共有が重要となります。


運輸会社A社の失敗事例

いわゆる3Kの仕事で学生に人気がなく、新卒採用がうまくいっていなかった企業の事例です。
社長が新卒採用テコ入れとして、コンサルティング会社を導入しました。
コンサルティング会社の提案で、安くない予算をかけて、斬新でオシャレな採用コンセプトの構築と、それに沿ったオシャレできれいな採用HPが完成しましたが、その会社はコンセプトワークを得意とするコンサル会社で、母集団形成のノウハウが無く、完成した立派でカッコ良いHPに学生は誰もアクセスしないという状況になり、大失敗しました。
自社が本当に求めているものは何なのか、コンサルティング会社が何を得意分野とし、何をしてくれるのかをしっかり詰めておかなかったための失敗事例です。

機械メーカーB社の失敗事例

機電系の採用で苦戦していたB社は中途採用で取引のあった代理店にコンサルティングを依頼。
メディアの提案とメディア運用・採用業務のアウトソーシング、を主体に採用業務の改善に取り組みましたが、結果、コンサルティング会社に新卒採用のノウハウがなかったため、イベントへの参加と巨大就職サイトへの掲載という以前からの手法から結局脱却できず、うまく行きませんでした。
また、アウトソーシングを外注していたため、採用がうまくいかず長引けば長引くほど予算がかかる状況に陥ってしまいました。
新卒採用という特殊なノウハウが必要な分野に安易に中途採用で取引があるという理由で導入してしまい失敗した事例です。


外食企業C社の失敗事例

採用に苦戦していたこちらの企業は、大手企業で実績のあったコンサルティング企業に依頼、採用コンセプトの構築から、求める人物像の設定、面接での評価制度の導入など、大手で成功した手法を取り入れましたが、根本的な問題であった、母集団不足や採用担当者のマンパワー不足の解消には至らず、せっかく構築した採用フローも、うまく活用できませんでした。
自社の課題とリソース、採用の規模感とコンサルティング会社の提案内容が合ってなくて、同業大手の実績だけで判断したためうまく行かなかった事例です。


厳選の採用コンサルティング会社5選

採用コンサルティングを導入しようと思っても、数多いコンサルティング会社から自社に合った適切なパートナーを探すのは大変です。
そこで、この段階からは、新卒採用に特化もしくは得意とし豊富な実績を持つ有力な採用コンサルティング会社を厳選してご紹介します。


株式会社採用総研

  新卒採用コンサルティング|株式会社採用総研 採用総研の新卒採用コンサルティングの紹介ページです。メディアプランだけでなく、採用制度設計、コンテンツ設計、インターンシップの企画や選考フローの設計、内定者フォローまで、採用の成功のための戦略設計をご提案します。 株式会社採用総研

新卒採用に特化したコンサルティング会社です。​​​​​​​
徹底して寄り添う丁寧な採用業務のアウトソーシングを得意とし、求める人物像の構築からメディア展開、選考フロー構築、内定者フォロー、そして新入社員研修や受入れ研修まで、採用から定着、戦力化までコンサルティングできる、とことん新卒採用に強みを持った会社です。
90%以上という、業界でも非常に高いリピート率を誇り、安心できる新卒採用会社です。
1993年設立の老舗ですが、長年の豊富な実績だけでなく、LINEやダイレクトリクルーティングなど最新の採用手法もかなり早い段階からLINE社、i-plugと提携し、積極的に手法を取り入れているのも特徴です。



株式会社ネオキャリア

  新卒採用コンサルティング | 株式会社ネオキャリア 株式会社ネオキャリアの公式企業サイトです。企業情報、グループ会社、サービス、ニュース、採用情報などをご紹介しています。 株式会社ネオキャリア

マイナビ系のトップ求人広告代理店です。大手企業からベンチャー企業まで非常に豊富な実績と、全国に拠点を持つ業界でも圧倒的な総合力を兼ね備えたコンサルティング会社です。
新卒だけでなく、中途採用、アルバイト・パート採用でも豊富な実績があり、総合的なコンサルティングサービスができるのが特徴です。
豊富なサービス内容や最新のトレンドを取り入れた提案に加え、MOCHICA(モチカ)など自社ツールも豊富でネオキャリアにしかできない提案ができるのも魅力です。



株式会社クイック

  人事・組織コンサルティング|クイックのサービス|人材・情報サービスのクイック クイックのサービス検索結果ページです。様々な課題や悩みに対して、それを解決する、ツール・サービスを紹介しています。サービスから探す・地域から探すなど様々な方法で検索することができます。 人材・情報サービスのクイック

リクルート系の大手求人広告代理店です。大手からベンチャー企業まで豊富な実績があります。
新卒採用だけでなくキャリア採用、アルバイト採用まで、リクルート系メディアを活用し総合的なサポートが可能です。
採用コンサルティング会社の枠を超え、人材コンサル会社として採用だけでなく、育成・キャリアの開発支援、人事・組織コンサルティングまで幅広いコンサルティングが可能です。



株式会社カケハシスカイソリューションズ

  株式会社カケハシ スカイソリューションズ 人と組織の成長を加速するカケハシ スカイソリューションズ。採用・育成・定着を支援する様々なソリューションをワンストップで提供します。 株式会社カケハシ スカイソリューションズ

制作力に強みを持つコンサルティング会社です。そのため採用ブランディングの構築を中心としたコンサルティングが強い会社です。
人材採用計画の立案と採用活動の実施、求める人材像などの人材要件の定義、採用戦略の立案から広告媒体の選定、クリエイティブ、採用体制づくり、内定者フォロー提案までコンサルティングが可能です。


株式会社キャリアマート

  採用コンサルティング 採用コンサルティングとは キャリアマートの採用コンサルティング 導入のメリット おススメする企業様 サービスのお見積りプロセス貴社に寄り添い二人三脚で採用成功を目指します市場の動きとして求人媒体を活用す https://www.careermart.co.jp/consult/?_fsi=zfiRfctD&_fsi=Hi8oWc8b

アウトソーシングに強みを持つ採用コンサルティング会社です。早くからスカウトを自動化する採用ロボットを導入し、豊富な実績があります。
年間クライアント数・約600社以上のノウハウ・情報などをもとに、業界・業種・職種別に、企業の特徴(強み・弱み)、給与、キャリアプランなどの項目を分析し、ターゲット学生に訴求するダイレクトリクルーティングのプランニングを強みに持っています。


StockSun株式会社

  StockSun株式会社 | 上位1%人材によるWebマーケティング支援 StockSun株式会社はデジタルマーケティング支援のプロフェッショナル集団です。当社独自の品質担保の仕組みで「このヒトに発注してよかった」と思えるWeb支援を全方位的にサポートいたします。Webに関するお悩みや相談なら、StockSun。 StockSun株式会社

WEBマーケティングを得意とする採用コンサルティング会社です。国内随一のWEBマーケティングのノウハウを使った採用コンサルティングで豊富な実績があります。Web集客ノウハウの応用で反応率の高い求人票を作成するなど、他の採用支援会社とは違ったノウハウの提供が期待できます。
特に今後、新卒採用ツールと相性の良いyoutubeでの採用動画マーケティングを得意としています。


まとめ

採用コンサルティング導入は1年がかりのものですし、ノウハウ構築まで長いつきあいが必要です。
自社が何を求めてコンサルティングを導入するのか、コンサルティング会社にどこまでもとめるのか、相性を含めてしっかりと吟味する必要があります。

採用コンサルティング会社は、企業の採用活動を力強くサポートしてくれます。彼らは外部から客観的な視点をもたらし、専門家の分析を通じて、採用プロセスにおける課題の解決策や経営戦略において必要な人材像を明らかにします。
採用コンサルティング会社を選ぶ際には、複数の企業を比較検討することがおすすめです。各企業の過去の実績や提供サービスの内容、料金などを確認し、自社に最適なサービスを選択しましょう。これにより、成功に向けた最良の選択を行えます。

豊富な実績を持つ採用コンサルティング会社採用総研へのお問い合わせはこちら!↓

  新卒採用コンサルティング|株式会社採用総研 採用総研の新卒採用コンサルティングの紹介ページです。メディアプランだけでなく、採用制度設計、コンテンツ設計、インターンシップの企画や選考フローの設計、内定者フォローまで、採用の成功のための戦略設計をご提案します。 株式会社採用総研



就職支援 コラム編集部
就職支援 コラム編集部
様々な新卒・中途採用ツールを運用し、企業様の母集団形成や選考進捗率の引き上げをお手伝いしています。その中でご担当者様から頂いたギモンなど採用担当者様のお悩みにお答えすべくコラムの執筆活動を進めています。実際に、様々なツールや採用ケースを見てきたからこその視点で少しでも採用ご担当者様のお役に立てるよう執筆をさせていただきます。

\ 予約受付中 /
無料WEBセミナー


\ 人気記事ランキング /


\ ダウンロード可能 /
お役立ち資料


お役立ち情報を
定期的にお届けします!


icon_twitter
icon_facebook
pmark
株式会社採用総研は 2014年11月に一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認証を取得しました。
pagetop