catch-img

オンライン採用における、インターンシップ【フロー設計編】


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.最も印象付けたいポイントはどこですか?
  3. 3.複数回(日)学生と「会う」ことを前提にフロー設計を!
  4. 4.アンケートの有効活用
  5. 5.学生が「選択できる余裕がある」、コンテンツと日程の展開


はじめに

2020年にコロナが日本国内でも蔓延し始め、2022年卒採用からオンライン/WEBでの新卒採用・インターンシップが本格化しました。当初、これまで実施していた対面形式でのインターンシップをいかにオンライン化するかが、各企業の人事ご担当者様のお悩みとなっておりました。あれから2年が経過し、企業・学生ともにオンラインインターンシップ・オンライン採用が定着し、一長一短はございますが、企業・学生の双方が「納得できる新卒採用のあり方」を模索されている企業様も増えてまいりました。本稿では、「オンライン採用における、インターンシップ」について、各回のテーマに合わせて、当社ノウハウと共にお送りします。初回の今回のテーマは「フロー設計」です。


最も印象付けたいポイントはどこですか?

 まず貴社のインターンシップの中で最も印象付けたいポイントはありますでしょうか?例えば、インターンシップのプログラムコンテンツそのものでしょうか?先輩社員座談会で、より職場の雰囲気を伝えるところでしょうか?あるいは、インターンを一通り実施した後の、人事ご担当者様との面談でしょうか?

 この最も印象付けたいポイントをどこに設定するか、またそのポイントが何か、ポイントは学生にどのように伝わっているか?を考えることがとても大切です。また、「企業様が学生に印象付けたいポイント」と、学生が「企業から知りたい内容、満足できるインターンシップの内容」が一致しているか?ということも考える必要があります。

 マイナビの調査(*)においては、文系・理系ではインターンシップにおける満足度の高いポイント・コンテンツが異なっています。

 文系では「楽しかった、面白かった」、理系では「自分に合っていると感じた」となります。文系では、仕事そのものが「面白いものであるか」を当日のプログラム設計や社員様の様子から判断していることが伺えます。また、理系ではこれまでの自分の勉強や研究の成果を活かすことができる環境かどうかを判断しています。これは年々変化することにもなりますので、注意が必要です。

調査データ マイナビ2022年卒 入社半年後調査(2022年10月25日~2022年10月31日)
https://career-research.mynavi.jp/wp-content/uploads/2023/01/s-hantoshido-22-1-001.pdf
P10 図20、21


 最も印象付けたいポイントが設定できたところで、具体的にフロー設計に移りたいと思います。


複数回(日)学生と「会う」ことを前提にフロー設計を!

 ここで一つ質問ですが、貴社のインターンシップは、インターンシップ期間で何日学生と接点を持つことになっていますでしょうか?実はコロナ前のインターンシップと、オンライン採用におけるインターンシップで大きく異なったのが、このインターンシップにおける「接触回数(日数)」の違いです。

 コロナ前のインターンシップにおいては、1週間以上の長期インターンシップか、1dayのインターンシップという期間の二極化がございました。学生は拘束時間が長いが、たくさん経験することの出来る長期型、半ばオープンカンパニーレベルで、ちょっと企業に触れてみる感じの短期型というイメージを持っていました。

 一方、コロナの影響もあり、1.長期型インターンが感染状況の懸念から実現が難しい企業が出てきたこと、2.これまで対面で実施していインターンを容易にWEB/オンライン化出来なかったこと、3.企業側がオンラインのつなぎとめ施策が構築できなかったこと、などの主な要因から、インターンシップを諦める企業様も多くいらっしゃいました。

 そこで、当社がコロナ初期からお客様にご提案しておりました、オンライン採用でのインターンシップの設計フローの一例は下記の通りです。


ナビ・HPエントリー
    ↓

インターンシップ事前説明会・企業説明会

    ↓

インターンシッププログラムDay1(オンラインワーク・課題設定型)

    ↓

インターンシッププログラムDay2(オンラインワーク・課題提出型、VR/オンライン職場見学など

    ↓

インターンシッププログラムDay3(職場見学、オンライン座談会)

    ↓

インターンシップアフターフォロー面談(人事or先輩社員との個別面談)

    ↓

インターンシップアフタープログラム(業界研究会、事例検討会、キャリアアップ相談会など)



★Point★

1.インターン全体を通じて複数日会えるように設計されている

2.各回のフロー間は2週間~3週間程度に設計されている

3.必ずアフターフォロー面談や社員座談会が設定されている

この3つが基礎ポイントです。


例えば、1Dayインターンを行っていた企業様でも、1日のプログラム内容をいくつかの項目に「分割」し、それを複数日で設定してもOKです。狙いとしては、長時間の拘束時間よりも、単純接触効果による魅力づけです。下記事例もご参考にしてください。

  大手自動車部品メーカーA社様|導入事例|株式会社採用総研 大手自動車部品メーカーA社様の導入事例です。最新の理系学生採用手法の導入と旧来のアナログな学生接触回数の増加の両立を実現。 株式会社採用総研



アンケートの有効活用

また、貴社のインターンシップにおいては、学生参加後に学生に対してアンケートは取得されていますでしょうか?コロナ過でのオンライン採用におけるインターンシップにおいては、経済市場・感洗状況の変化を受けやすく、プログラムの修正が余儀なくされます。この際に参考になるのが、学生自身の「声」になります。貴社のインターンシップに参加した学生が、貴社に対してどのような印象を持ったのか?満足している点は何か?もっと聞きたかった点は何か?を把握・分析し、次のインターンシップに活かすことが重要です。

 学生アンケートにおいて、聞いておきたい質問がございます。それは、

「『インターンシップ以外に、当社と○○したい!』ここに当てはまる○○をご自由にお書きください。」です。インターンシップアンケートはともすれば、企業側の「結果の自己満足」にしかならないとも取れます。貴社のインターンシップについて、学生とより「建設的な意見交換」ができる質問を用意することで、学生の望むインターンシップへと近づけていきましょう。


学生が「選択できる余裕がある」、コンテンツと日程の展開

最も印象付ける点も準備し、複数回会えるようにフロー設計もしましたが、学生が選択できるほど、日程・コンテンツが用意出来ないと、学生もなかなかインターンシップに足を運んでくれません。職種別採用・JOB型採用も大きく取り上げられる中、インターンシップコンテンツを拡充する企業や、複数コースの設定をされる企業も増えました。もし、プログラミング1weekのコースが参加できなくても、セールスの3daysには参加したいや、コースの途中で1日離脱しても、後日別のコースに参加できるなど、「学生側に選択権」がちゃんとありますよ!とお伝え、準備することで、「より柔軟な対応・フレキシブルな対応ができる会社」という印象を与えることも可能です。人事のご担当者様が一度、自社のインターンシップに参加した際に、学生目線では自社はどのように見えるのか?を確認いただき、オンライン採用におけるインターンシップのフロー設計を見直していただければと思います。


採用総研でもお客様のご要望に合わせて、インターンシップのフロー設計のお手伝いをしています。まずご相談から始めたいでもOKです。お問合せもお待ちしています。

*インターンシップの準備に関するチェックリストもご準備しておりますので、こちらもご参照ください!

  【必見!】2025卒インターン実施 or 検討企業向け~インターン成功に向けたチェックリスト(52項目)~ 2025年卒採用も6月からサマーインターンが本格的にスタートし、母集団形成や当日の実施、学生との接触後のフォローにお悩みの企業様もいらっしゃるかと思います。 そんな企業様のために、インターン用のチェックリストを作成いたしました! ぜひ貴社の採用(インターン)活動にお役立ていただけますと幸いです。 株式会社採用総研

採用総研ではその他お役立ち資料を用意しております。

  【26卒】ゼロから始めるオープン・カンパニー! インターンシップの4類型のうちの一つである「オープン・カンパニー」について、・そもそもの意味と実施のメリット、デメリット ・活用方法・プログラムの事例 上記の内容について解説した資料です。ぜひご活用ください! 株式会社採用総研


  お役立ち資料|株式会社採用総研 採用総研が提供する新卒採用、研修でのお役立ち資料をご紹介しています。各資料の詳しい内容については、詳細ページよりご確認いただけます。新卒採用で豊富な経験を持つプロが、採用活動から内定者のフォロー、新入社員研修まで総合的にサポート。貴社に合った求人媒体や採用手法のご提案から、採用業務のアウトソーシング、入社後の研修の企画・実施まで、伴走支援します。 株式会社採用総研


*オンライン採用におけるインターンシップシリーズはこちらから(全4回)
【Vol.2】

  オンライン採用における、インターンシップ【コンテンツ設計編】 「オンライン採用における、インターンシップ」をテーマとし、コンテンツ設計についてコツ・ノウハウをお届けします! 株式会社採用総研

【Vol.3】

  オンライン採用における、インターンシップ【実務・運用編】 インターンシップを新しく始めるご担当者様向け!インターンシップの実務・運用についてお届けします! 株式会社採用総研

【Vol.4】

  オンライン採用における、インターンシップ【アフターフォローアップ編】 株式会社採用総研



  お問い合わせ|株式会社採用総研 採用総研に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。新卒採用で豊富な経験を持つプロが、採用活動から内定者のフォローまで総合的にサポート。貴社に合った求人媒体や採用手法のご提案から、採用業務のアウトソーシング、入社後の研修の企画・実施まで、伴走支援します。 株式会社採用総研



宮本一平
宮本一平
2014年入社。営業マネージャー。企業の採用・教育に対して戦略的・包括的サポートを行う。採用においては、トレンドに合わせて採用難度の高い「機電系」特化の大量採用の採用フロー設計やコンテンツ設計を担当し、また設立間もない「ベンチャー企業」の採用戦略設計や実務運用フォローアップなども行う。教育においては、セールスだけでなく講師も兼任し、企業ニーズに合わせたプログラム設計から、階層別研修の全体設計までトータルプロデュース。戦略的人事コンサルタントとして、採用・教育ノウハウをクライアントに還元すべく、セールスフィールドにいることをモットーとしている。プライベートでは、看護師の妻を持ち、2人の男の子の父親で、自らが外遊び大好き「全力少年」。

\ 予約受付中 /
無料WEBセミナー


\ 人気記事ランキング /


\ ダウンロード可能 /
お役立ち資料


お役立ち情報を
定期的にお届けします!


icon_twitter
icon_facebook
pmark
株式会社採用総研は 2014年11月に一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認証を取得しました。
pagetop