catch-img

就職ナビSEO対策 【基本編】



目次[非表示]

  1. 1.就職ナビSEO対策 基本編
  2. 2.テキストマイニングとキーワード設定
  3. 3.時節によって変更するキーワード
  4. 4.テクニカルキーワードとその活用

就職ナビSEO対策 基本編

費用を投じて、就職ナビサイトに自社の原稿を掲載してみたが、なかなか思うように学生からのエントリーが集まらない、説明会の予約画面を作成して集客を試みるも、予約数が伸びない…など、当社にもこうしたお悩みを最も多くいただきます。
そこで、本稿では当社採用コンサルタントがお客様にご提案している「就職ナビSEO対策」の「基本編」について、ご案内していきます。

 まず、就職ナビSEO対策の基本になりますが、掲載されたその瞬間から、「学生からエントリーが受け付けられる状態になっていますか?」、「説明会は予約可能な日程が公開され、予約できる状態になっていますか?」、その他就職ナビサイトにより異なりますが、「現在受付中」「もうそろそろ〆切間近」などの、「応募アイコン・応募キーなど設定ができていますか?」こうした、基本的な設定がまずできているかのご確認をお願いします。

(→設定内容にご不明な点がある場合は、採用総研まで一度お問合せください)

 就職ナビの特性上、学生に対して「開かれている=エントリーができたり、セミナーに予約できたり」する企業が、検索上位に表示される設定となります。

テキストマイニングとキーワード設定

次に「ターゲット学生が検索するキーワード」が、貴社の就職ナビサイト原稿に設定、登場しているかどうかを確認していきます。キーワードが入っているかどうか、確認するための手法として、「テキストマイニング」という手法があります。
テキストマイニングとは、文章を定量的に扱うための分析手法であり、アンケートの自由記述や、コールセンターへの問い合わせ内容、SNSでのクチコミ分析といった分野で活用されています。
インターネットで「テキストマイニング」とお調べいただくと、無料で提供されているツールもありますので、ご活用ください。

例えばテキストマイニングを行うと、当社の原稿においては、「コンサルタント」「クライアント」「採用活動」といった、採用コンサルタントを目指す学生が検索をしそうなワードが見られます。
別稿にて、採用ブランディングについても論じており、採用ブランディングの中で登場した貴社のキーワードを設定することは極めて重要です。
こうした、ターゲット学生が検索しそうなワードを設定していきましょう。

時節によって変更するキーワード

また、一般的な就職活動においては、企業探しをする時期、インターンシップに参加する企業を探す時期、インターンシップに参加する時期、業界研究をより深めていく時期、会社説明会に積極的に参加する時期、エントリーシートを作成し選考に応募する時期、面接に参加し志望企業へ向けてより学びを深めていく時期、内定を獲得する時期など、学生がおかれている状況も変化していきます。
人事ご担当者様に伺いますと、「ナビサイトを公開してから内定出しの時期まで全く原稿を修正しない、そうした余裕もない」とご回答される企業様もいらっしゃいます。
しかし、上記のように時期時節によって学生が就職ナビ上で検索するワードも変わりますので、時期時節に合わせたキーワード設定が必要です。

 一例にはなりますが、企業探しをしている時期には「自分に合った企業探しも含めてインターンシップに参加してみませんか?」や、6月以降の説明会告知にて「夏採用での説明会を受け付けています!夏休みまでに内々定の通知も可能!」など、学生が検索しそうな「企業探し」「インターンシップ」「夏採用」「夏休み」など時節に応じたキーワードを設定しましょう。

テクニカルキーワードとその活用

また、テクニカルなキーワードも多数あります。
例えば、学生がよく検索するキーワードとして「公務員」や「ゲーム」といった単語があります。
就職ナビサイトで公開しているナビサイトもございます。
こうしたキーワードを貴社の原稿に入れることで、学生からの検索→ヒット率を上げることも可能です。

一例ですが、「公務員試験を受験している学生様も多数、説明会に参加しています!」や、「アニメやゲーム、スポーツなど色んなことにチャレンジされてきた方のご応募おまちしています!」などが挙げられます。

​​​​​​​テクニカルなキーワードとその運用ノウハウについては、本稿に書ききれないところもございますので、ぜひ一度、採用総研までお問合せいただけると嬉しいです。

  採用におけるイメージ戦略 「自社のターゲット学生に訴求できる、採用HPやナビサイトの構築がしたい!」「けど、そもそも自社のブランディングは、正確にできているのだろか」とお悩みの人事の方も多いのではないでしょうか? ブランディング(=辞書的な意味を並べる、例、自社に対して顧客のロイヤリティや共感性を最大限に高めることで、独自の付加価値を創造し、競合他社との差別化を実現する活動)と一言で表現していますが、採用におけるブランディング構築は、採用市場の変化に合わせて見直す必要があります。今回は採用のおけるイメージ戦略として、ブランディングについて考えてみたいと思います。 株式会社採用総研
  お問い合わせ|株式会社採用総研 採用総研に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。新卒採用で豊富な経験を持つプロが、採用活動から内定者のフォローまで総合的にサポート。貴社に合った求人媒体や採用手法のご提案から、採用業務のアウトソーシング、入社後の研修の企画・実施まで、伴走支援します。 株式会社採用総研



宮本一平
宮本一平
2014年入社。営業マネージャー。企業の採用・教育に対して戦略的・包括的サポートを行う。採用においては、トレンドに合わせて採用難度の高い「機電系」特化の大量採用の採用フロー設計やコンテンツ設計を担当し、また設立間もない「ベンチャー企業」の採用戦略設計や実務運用フォローアップなども行う。教育においては、セールスだけでなく講師も兼任し、企業ニーズに合わせたプログラム設計から、階層別研修の全体設計までトータルプロデュース。戦略的人事コンサルタントとして、採用・教育ノウハウをクライアントに還元すべく、セールスフィールドにいることをモットーとしている。プライベートでは、看護師の妻を持ち、2人の男の子の父親で、自らが外遊び大好き「全力少年」。

\ 予約受付中 /
無料WEBセミナー


\ 人気記事ランキング /


\ ダウンロード可能 /
お役立ち資料


お役立ち情報を
定期的にお届けします!


icon_twitter
icon_facebook
pmark
株式会社採用総研は 2014年11月に一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認証を取得しました。
pagetop