catch-img

採用担当者必見!飲食店の採用で差をつける5つの秘訣


目次[非表示]

  1. 1.◆はじめに◆
  2. 2.Point.1 効果的な求人広告の作成
    1. 2.1.① ターゲット層の明確化
    2. 2.2.② 強力なキャッチフレーズの活用
    3. 2.3.③ アピールポイントのハイライト
  3. 3.Point.2 面接のポイントと応募までつなげるコツ
    1. 3.1.① 適切な質問の選定
    2. 3.2.② 求める人物像を明確化する
    3. 3.3.③ 応募しやすさを重要視する
  4. 4.Point.3 効果的な表現ポイント
    1. 4.1.① 募集職種は「店舗ジャンル+職種」で統一
    2. 4.2.② 「難しそう」と思わせない
    3. 4.3.③ 休日・休暇・シフトのルールなどは具体的に表記
  5. 5.まとめ

◆はじめに◆

採用が成功するかどうかは、飲食業界においてビジネスの成否を左右する重要な要素の一つです。近年、競争が激化する中で、企業が差別化を図るためには、単なる資格や経験だけでなく、独自の採用戦略が求められています。本記事では、飲食業界での採用活動に焦点を当て、成功のための具体的な手法を探ります。


Point.1 効果的な求人広告の作成

① ターゲット層の明確化

成功する求人広告の第一歩は、ターゲット層を明確に定義することです。飲食業界には様々な職種やポジションが存在しますが、求めるスキルや経験、または企業が重視する特定の特徴を把握しましょう。たとえば、シェフやキッチンスタッフを募集する際には、料理への情熱やチームワークが求められることがあります。一方で、サービススタッフを募集する際にはコミュニケーションスキルやおもてなしの心が重要です。


② 強力なキャッチフレーズの活用

キャッチフレーズは、求職者の注意を引くための重要な要素です。独自のメッセージを込め、お店の魅力を端的に伝えましょう。例えば、「挑戦を楽しむ人、こちらへ!未経験者歓迎のキッチンスタッフ募集!」といったフレーズは、新しいチャレンジを求める求職者にアピールします。キャッチフレーズは短くても力強いメッセージを伝えることが重要です。


③ アピールポイントのハイライト

求人広告には、お店や仕事の魅力を具体的に示すアピールポイントを盛り込むことが必要です。これには、働く環境や福利厚生、成長の機会などが含まれます。たとえば、「当店ではスタッフ一人ひとりの成長を大切にし、充実した研修プログラムを提供しています。未経験者でも安心して成長できる環境です」といった情報が、求職者に安心感を与え、応募意欲を高めます。


要するに、効果的な求人広告は、具体的な要件や期待値を伝えつつ、お店のユニークな魅力を引き立てる工夫が求められます。これにより、ターゲット層を吸引し、優れた候補者を引き寄せることができるようになります。


Point.2 面接のポイントと応募までつなげるコツ

① 適切な質問の選定

面接は求職者とお店がお互いに理解し合う重要な場面です。適切な質問を選ぶことで、候補者の実力や適性をより深く探ることができます。例えば、過去の仕事での課題や成功体験に関する質問は、候補者の経験や対処能力を評価する上で役立ちます。また、職場でのチームワークやコミュニケーション能力を知るために、具体的なプロジェクトでの協力経験を尋ねることも重要です。


② 求める人物像を明確化する

お店が求める人物像を具体的に定義することは、面接の成功に直結します。これには、求めるスキルや資質、または店の文化に合致する特定の性格や価値観などが含まれます。サービス業の場合、「お客様に心から感謝されるサービスを提供できる人物」といった具体的な要件を提示することで、適した人物を見つけやすくなります。


③ 応募しやすさを重要視する

求職者が求人に応募しやすいよう、応募のためのハードルは低い方が良いでしょう。パートやアルバイトの場合は複数求人との比較が多いため、似たような条件の求人があった場合は、応募の手間が決め手となる可能性があります。
「履歴書持参」「面接2回」「電話で応募」の求人と、「履歴書不要」「面接1回」「LINEで応募可能」の求人があった場合、似たような勤務条件なら断然後者が有利です。
応募のためのハードルは低く設定し、求職者が簡単に応募できるようにしておきましょう。


Point.3 効果的な表現ポイント

① 募集職種は「店舗ジャンル+職種」で統一

募集職種は、「店舗ジャンル+職種」で統一しましょう。「調理補助」や「配膳スタッフ」といった職種だけの情報では、求職者に対して不親切です。
イタリアンレストランの店長候補
和食レストランの調理補助
など、上記のように「店舗ジャンル+職種」に統一し、求職者が一目で見て募集内容がわかるようにしましょう。


② 「難しそう」と思わせない

求職者に業務内容が「難しそう」と思われないように、工夫して表記することも大切です。
特に、未経験者も可能な求人を募集する場合は、求職者が「未経験の自分でもできそう」と感じないと、応募につながりません。業務の具体的な流れを時系列で表記し、仕事のイメージがしやすいように工夫しましょう。


③ 休日・休暇・シフトのルールなどは具体的に表記

休日や休暇、シフト提出のルールなどは具体的に表記しましょう。特に飲食業界の場合は、土日や祝日、大型連休などに働くことが多い業界です。
求職者に対して「希望通りに休みが取れる」と安心感を与え、長時間労働や休日出勤に対する不安を払拭し、応募率を高めましょう。


まとめ

飲食業界での採用活動は、飲食ビジネスの成否に直結する重要なプロセスです。成功するためには、効果的な求人広告、最適な面接プロセス、適切なトレーニングと研修、そして良好な社内文化の構築が欠かせません。これらの要素をバランスよく組み合わせ、長期的な成功を築くための基盤を構築することが肝要です。
特に、求人広告から始まる採用プロセスでは、企業の魅力を的確に伝え、適切な候補者を引き寄せる工夫が必要です。また、一度採用された従業員のサポートや成長機会の提供を通じて、持続的なモチベーションを確保することが成功の鍵です。採用活動においては、市場の変化に柔軟かつ迅速に対応する姿勢も重要です。結びつけると、成功の秘訣は、柔軟性と創造性を持ちながら、確固たるビジョンをもって採用活動を展開することにあります。

採用総研では採用から研修まで、業界に関わらず幅広くお悩みを解決できるノウハウと実績があります。その他の採用のコツもご覧ください!


  求人原稿の深掘りポイントとターゲットに刺さる言い換えフレーズとは? 新卒採用担当者様のお悩みを解消するため、求人原稿内容の深堀りポイントと求人フレーズにおける採用ターゲットに刺さる言い換えや魅力的な言葉を使ったポジティブフレーズ集をご用意しました。採用募集原稿や求人原稿制作にお役立てください。 株式会社採用総研
  【初めての新卒採用】新卒採用を始めようとお考えの経営者、採用ご担当者の方へ 知っていて欲しい新卒採用の考え方 さらなる企業の成長を目指し、新卒採用をお考えの経営者の方に、新卒採用にとって大事な事は何なのか?成功するために必要な事についてご紹介します。テクニックや手法についてではなく新卒採用の考え方や社内マネジメントについてお伝えできればと思います。 株式会社採用総研
  【中途採用のコツ】求人の書き方で差をつけるテクニックをご紹介! 新卒採用のほかに、中途採用もコンサルしている採用総研では、求人原稿の書き方もこだわっています。初めて採用をやる担当者様向けにポイントを列挙しております。 株式会社採用総研






就職支援 コラム編集部
就職支援 コラム編集部
様々な新卒・中途採用ツールを運用し、企業様の母集団形成や選考進捗率の引き上げをお手伝いしています。その中でご担当者様から頂いたギモンなど採用担当者様のお悩みにお答えすべくコラムの執筆活動を進めています。実際に、様々なツールや採用ケースを見てきたからこその視点で少しでも採用ご担当者様のお役に立てるよう執筆をさせていただきます。

\ 予約受付中 /
無料WEBセミナー


\ 人気記事ランキング /


\ ダウンロード可能 /
お役立ち資料


お役立ち情報を
定期的にお届けします!


icon_twitter
icon_facebook
pmark
株式会社採用総研は 2014年11月に一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認証を取得しました。
pagetop