HRソリューション部

宮本 一平

2014年 入社

入社してから感じていることや心がけていること

学生時代は心理学を学び、人材採用や教育・研修に興味を持ち、当社に入社しました。毎日、多くの採用ご担当者様にお会いすることが楽しみで、お話を聞かせていただくという姿勢を忘れないように心がけています。採用のご担当者様にお会いしますと、「目標の採用数に達していません」「求めている人物がなかなか来ません」「採用しても離職者が多くて…」など色んな悩みをうかがい、人材採用の難しさを感じながら、日々勉強させていただいています。また、コンサルタントとして本来は「具体的に、その場で、すぐに」提案することが理想ですが、まだまだその段階には達していません。現在は採用総研の先輩社員からの助言・指示のもと「オリジナルな解決策」を提案していますが、いずれは自分一人で瞬時に提案ができるようになりたいと考え、努力を続けています。

今後伸ばしていきたい研修の提案力

宮本 一平
今後は、専門職大学院で学んだ心理学の知識を生かしていきたいと考えています。従業員の皆様のメンタルヘルスを維持、ストレスマネジメントの研修や、人付き合いを円滑にするアサーション研修、ハラスメントについて考え法令遵守を徹底していく研修など、ニーズに合わせた多様な提案ができるようにしたいです。研修では「座学」だけではなく、実際に身体を使ったワークやディスカッションを主体とした内容にし、参加者に「気づき」を得ていただけるような方法を模索しています。人は他者から指示を受けても変わらないもの。自分の中の「気づき」こそ、自分を変えていく原動力になります。その原動力を呼び起こすことができるような研修をご提案していきたいと思います。
社員紹介に戻る
;